×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ラッセル モカシン 

ラッセルモカシンをご存知ですか。
ラッセルモカシンのシューズについて詳しく紹介します。


ラッセルモカシンRussell Moccasin
とは

ラッセルモカシンをご存知でしょか。ラッセルモカシンを知らなくてもRussellの名前は見たことがあるのではないでしょうか。ラッセルモカシン(Russell Moccasin)はアメリカの手作りシューズのメーカーです。
創業が1898年ですから100年以上の歴史を持つシューズメーカーで、ラッセルモカシンでは創業以来ずっと手作業で作られています。ラッセルモカシンの職人の技が生きているシューズブランドで手作りのラッセルモカシンのシューズは履けば履くほど味わいがにじみ出てくるシューズというよりは、ラッセルモカシンは自己の歴史を刻む作品といえるのではないでしょうか。

ラッセルモカシンのシューズ

ラッセルモカシン(Russell Moccasin)はアメリカのウイスコンシン州で1898年に創業され、ハンティングやフィッシングに代表されるアウトドアブーツを手がけるメーカーとして出発しています。
ラッセルモカシン(Russell Moccasin)は創業当時は当然手作り手作りでしたが、創業から100年が過ぎた今でも手作りの良さをシューズに生かしてラッセルモカシン(Russell Moccasin)では全てのシューズを手作りでしています。裁断から縫製そして仕上げまでを全て熟練した職人が一品一品を手作りおよび手縫いで本当に丁寧に作られているシューズです。ラッセルモカシン(Russell Moccasin)ではアウトドア用シューズを目指している中でラッセルモカシン(Russell Moccasin)独自のダブルヴァンプ工法を編み出しています。
ダブルヴァンプ工法とはシューズのアッパーに一枚皮のレザーを二重にして足を包み込むように工夫された工法で、ダブルヴァンプ工法とは靴の中に水の浸入を防ぐために考案された技術です。

ラッセルモカシンの哲学

ラッセルモカシン(Russell Moccasin)は創業から全く哲学を変えていないシューズメーカーで、ラッセルモカシン(Russell Moccasin)アウトドアに最適なシューズの作成の力を注いでいます。他のシューズメーカーが販売数量や売上金額、会社規模、価格競争等に力を入れていく中で、ラッセルモカシン(Russell Moccasin)は軽くて、足やアウトドアライフになじみが良く、快適かつ丈夫というラッセルモカシン(Russell Moccasin)の哲学をどこまでも追求しているのです。
ラッセルモカシン(Russell Moccasin)で特筆できるシューズはカモシカのシューズではないでしょうか。ラッセルモカシン(Russell Moccasin)のカモシカのシューズは大切に手入れをしながら適切な修理や「修繕を加えると、ほぼ一生の付き合いの出来るブーツとなります。この一生の付き合いの出来るラッセルモカシン(Russell Moccasin)のブーツは手作りだからにほかなりません。
ラッセルモカシン(Russell Moccasin)は着脱しやすく、通気性が高くさらに防水性も非常に高くなっていますので、ラッセルモカシン(Russell Moccasin)のシューズ中でも一番のお薦め商品です。ただしラッセルモカシン(Russell Moccasin)は受注生産がほとんどですので、納期に2〜3ケ月かかることもありますのでご注意ください。


NIKE ナイキシューズ



Copyright(C) ラッセル モカシン All rights reserved